ビタフルとプルームテックの違いとは?加熱式タバコとの違いを比較!

  • ビタフル気になっているけど、プルームテックと何が違うの?
  • 見た目は似てるけど、大きな違いはあるの?

こんな声を聞くことがありますが、ビタフルとプルームテックには大きな違いがあります。

電子タバコはまだまだ一般的なものではなく、正しい知識を持っている方も多くありません。

しかし、電子タバコについてある程度の知識を持って理解をしていないと、大きな損をするかもしれません。

ここれはビタフルとプルームテックなど加熱式タバコとの違いについて、詳しくまとめてみました。

タバコの葉の使用・不使用

ビタフルとプルームテックの一番の大きな違いは、「タバコの葉」を使用しているか、使用していないかということです。

プルームテックにはタバコの葉が使用されており、いわゆる「タバコ」というカテゴリーに分類される商品で、ビタフルにはタバコの葉が使用されておらず、カテゴリー的には「電子タバコ・VAPE」という商品に分類されます。

プルームテックはタバコなので、二十歳未満の使用や購入は法律で禁止されています。

ビタフルはタバコには分類されないので、購入や使用に関して法律では規制されていません。

しかし、タバコに酷似していることから、メーカーは自主的に未成年への販売と使用を禁止しています。

仕組みの違い

ビタフルとプルームテックは、仕組みに少し違いがあります。

ビタフルはいわゆるVAPEと同じ仕組みで、リキッドという液体をコイルで熱して発生した水蒸気を吸引します。

プルームテックもこれと近い仕組みで、リキッドを熱して発生した水蒸気を吸引します。

しかし、プルームテックの場合は、水蒸気をたばこカプセルというタバコの葉が詰まったフィルターを通して、ニコチンと一緒に吸引します。

リキッドを熱して水蒸気を吸引するという基本的な仕組みは同じですが、タバコの葉が詰まったフィルターを通すか通さないかという違いになります。

価格・税金の違い

先で述べたように、プルームテックにはタバコの葉が使用されており、ビタフルにはタバコの葉が使用されていませんので、価格にも大きな差が出てきます。

ビタフルは商品価格+消費税が販売価格になりますが、プルームテックはタバコなので消費税の他に「タバコ税」もかかり、商品価格+消費税+タバコ税が販売価格になります。

タバコ税は今後も値上がりが決定しており、プルームテックは今後どんどん高くなることが予想されます。

使い捨てビタフル→1本1,058円
充電式ビタフル→スターターキット1,598円/カートリッジ1,598円
プルームテッック→スターターキット3000円/たばこカプセル460円

加熱式タバコとビタフルの違い

プルームテックは加熱式タバコの中でも「低温加熱タイプ」の加熱式タバコで、アイコスやグローは「高温加熱タイプ」です。

ビタフルとプルームテックは仕組み的には近いですが、高温加熱タイプのアイコスとグローとは仕組みがかなり違います。

アイコスとグローもプルームテックと同じくタバコの葉を使用しているので、未成年への規制やタバコ税がかかることには変わりありません。

大きな違いは加熱方式です。

アイコスとグローは、リキッドが染み込んだタバコを高温で熱して吸引するタイプで、プルームテックと比べてよりタバコに違い感覚で吸うことができます。

少しややこしいですが、基本的に加熱式タバコは「タバコ」に分類され、ビタフルは「電子タバコ(VAPE)」に分類されます。

VAPE 加熱式タバコ
簡易ベイプ 低温加熱式 高温加熱式
ビタフル プルームテック アイコス グロー
ニコチンなし ニコチンあり
タバコ税なし タバコ税あり